2010.02.09

1日外出

本日は朝1番で渋谷文化村の美術館「愛のヴィクトリアンジュエリー展」見学。

開館すぐなので、まだ館内はすいていてゆっくり見学出来た。
19世紀のアンティークジュエリーの数々にうっとりlovely
カメオ、インタリオ、アイボリー、エナメル、スコティッシュ、ピクウェ、ジェット、モザイクetc
当時の職人技術に感嘆eye
    ↓
http://www.bunkamura.co.jp/museum/index.html

次は六本木ヒルズのファッション展示会見学。
若手クリエーター発掘の為の展示会。
まだ市場に出ていないおしゃれなアイテム満載。
    ↓
http://www.roomsroom.com/

展示会見学後、六本木ヒルズで昼食をとりショップ巡り。
平日のためか、どこも閑散としていて、これでビジネスが成り立つのか???

次にあるイベントのパーティーに参加。
毎年行われている行事だが、ここも規模は縮小傾向。

こんな環境に必要とされる人、モノ、こと とはsign02

考えさせられる1日であったtyphoon

2009.06.04

阿修羅展&尼門跡寺院の世界

校外授業で話題の阿修羅展見学

午前の授業終了後現地に2時集合
平日だというのになんと2時間待ち\( ~∇~)/ エーーーッ!!

学生達は長蛇の列に並び見学へ
私はその足で先に芸大美術館の尼門跡寺院の世界展へ

こちらも新聞では80分待ちとの情報があったが、今日は待機もなくスムースの入場
イヤホンガイドを聞きながら1時間ほど見学
皇女の方々の運命、生き方、教養、文化などを知る良い機会であった。

その後、再度国立博物館へ
まだまだ長蛇の列・・・100分待ちcoldsweats02
並んでいる間は日傘のサービスや飲料水の供給もあった。

5時近くにやっと入場
1000年以上前の数々の作品群に圧倒
何とも言えない荘厳さ、造形美の素晴らしさに感動heart02
100分待ちの価値ありと大満足
帰りは足が棒のようになってしまったが有意義な1日でした。

P1000034


2009.03.15

シルク・ドゥ・ソレイユ Z

舞浜で上演している「Z」に行って来ました。

素晴らしい\(◎o◎)/!です。
平日というのに一番後ろまで満席。

出演者の技量、舞台装置、照明、音楽、衣装、メイクどれも見ごたえ抜群。

サルティンバンコを見たときには演技者が落下して脳震盪を起こし一時中断した思い出があったので、今回もハラハラ、ドキドキしながら鑑賞。
今回も意図的かどうか?だが若干のミスがあり会場にどよよめきが上がった。
元オリンピック選手などがスタッフになっているようだが、命をかけた演技に感動。

http://www.zed.co.jp/video_gallery/
   

2008.07.26

日本美術鑑賞

東京国立博物館で催されている「対決 巨匠達の日本美術」に行って来た。

http://www.asahi.com/kokka/masterpiece/index.html

それぞれの分野12組の巨匠2人を比較して見せる形の珍しい展覧会。

特に写楽と歌麿、応挙と芦雪が興味深かった。

写楽は僅か11ヶ月であれだけの絵を残し世界的に有名になった人物。
歌麿と同一人物との説もあるらしい???

応挙と芦雪は虎の絵が面白い。
日本には虎はいなかったので猫を写生したとか・・・
良く見ると確かに猫の顔。

狩野永徳は絵を描きすぎて過労死とのこと。
事前に少し予備知識を得てから鑑賞したので見ごたえがあった。

もっとじっくり見学したかったけれど黒山の見学者。
あわただしい鑑賞でちょっと残念。

2008.04.16

モディリアーニ展

国立新美術館で開催されているモディリアーニ展に行ってきた。

平日朝10時開館と同時に入場したのに結構混んでいた。
イヤホンガイドを利用し約1時間じっくり鑑賞できた。

モディリアーニの波乱万丈の生涯の中で、人との出会いの大切さが印象的。
モディリアーニの才能を見出したパトロンの存在と才能を陰で支えた愛妻。

やっと才能を認められ始めた36歳という若さで病に倒れ没、後を追って妻は自殺。
遺された2人の子供は?

http://www.nact.jp/exhibition_special/2007/modigliani/index.html

2008.02.05

一億円の雛人形\(◎o◎)/!

今日は東京ドームで行われているテーブルウエアーフェスティバル見学。
http://www.tokyo-dome.co.jp/tableware/index.htm

美味しいと感じるのは味覚より視覚のほうがずーっと高いパーセンテージ。
こんな空間で食事が出来たら幸せだな~!
日頃の食空間に心を込めてもう少しこだわらなくてはと反省。

この会場で有田焼の雛人形が紹介されていた。
なんと1億円はくだらない品との事\(◎o◎)/!

P1000014

へぇー!

会場入場時から厳重な警備に納得。

2008.01.14

3連休

ちょっと嬉しい3連休

若手歌舞伎俳優の登竜門といわれている新春浅草歌舞伎を鑑賞

Photo

若い人に解りやすく演出していたが、少々軽い感じが・・・。
が、風林火山の信玄役 市川亀次郎さんの女形と男形の演じ分けが見事。
勘太郎さんの迫真の演技(特に目の演技)も素晴らしい。
オペラグラスで手先、足先、顔の表情までしっかり鑑賞。大満足。

昨日は話題になっている映画「アイ・アム・レジェンド」へ・・・。
評価は賛否両論。
見ているときはドキドキ、ハラハラ・・・
丁度テレビでも鳥ウイルスによる新型インフルエンザの特集をやっていたが、
ウイルスの脅威を改めて自覚。

これからの通勤にはマスクが必需品(>_<)。


2007.02.12

国立新美術館

行って来ました。

黒川紀章デザインのモダンな建築、国内最大級のスペース。
http://www.nact.jp/

ロゴは佐藤可士和氏によるもの。

異邦人達のパリ
→http://www.asahi.com/pompidou/

20世紀の美術探検
→http://www.nact.jp/exhibition_special/2006/opening.html

を見てきました。

すごいスペース。結構体力を要します。

芸術に対する造詣は浅いのですが、感じるという視点で鑑賞。
つまり好き、嫌いのレベルです(笑)

そして、帰りには府中郷土の森、梅祭りに
→http://www.fuchu-cpf.or.jp/museum/index.html

P1020621

最近は、急に思いついての行動のためいつも一人行動・・・
足は棒のように疲れたけれど、充実した週末。

2007.02.01

国立新美術館情報訂正

六本木防衛庁跡地は東京ミッドタウン建設中。
   ↓
http://www.tokyo-midtown.com/japanese/index.html

はらりん、(*- -)(*_ _)ペコリ

国立新美術館は2、26事件の軍兵舎跡でした。
今日の読売新聞に掲載されています。
間違い情報、m(__)m

私の両親の実家は六本木。
私も幼少時は六本木の近くで育ちました。
東京オリンピック以降 原宿、青山、麻布、広尾、六本木、恵比寿周辺の変貌には驚き!
どこも、子供の頃の徒歩エリア。
交通の便が悪くて、我家からは歩いた方が早かった。
お陰で今も健脚(笑)

ファッションの街が渋谷から六本木へ???
どうかしら?

2006.12.15

銀ブラ

すまいるちゃん、いつもコメントありがと~☆ヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノ☆です。
@niftyのアドレスにコメントしたので見てね(*^。^*)

今日は銀座和光で行なわれているアンティークドレス展を見てきました。
繊細なレース、技術と感性にうっとり・・・
   ↓
http://www.wako.co.jp/hall/

来週のコスチュームジュエリー展も見に行かなくっちゃ
   ↓
http://www.wako.co.jp/hall/

クリスマスイルミネーションに彩られた銀座、久々に気持だけはリッチに・・・
銀座4丁目、ラグジュアリーブランドショップも覗いたけれど、ジャストルッキング。
結構若い人が購入しているのには\(◎o◎)/!だわ。

より以前の記事一覧