2008.09.16

講演聴講

今日は某新聞の元政治記者のお話を伺った。

福田首相辞任の背景、米リーマン破綻の影響、汚染米裏事情、年金問題など気になるテーマを90分にわたってお話しいただいた。
泉のごとく溢れる知識(@_@;)
それに引き換え、聞く側の私はあまりにも知識が薄弱、半分くらいしか理解できていなかったかもdespair

最後の質疑応答で「豊富な知識のインプット法は?」
答えは、まだまだ若者に負けないよう、様々なジャンルの人とコミュニケーションをとる。飲む機会が多いとか。OFFタイムもしっかり情報収集。
本を読む。解らない事や気になった事は調べる。ネットも結構活用しているとの事。

最近ちょっと意欲が減退気味の私にとって「渇!」

2006.09.23

政治記者

長いこと政治記者をされていた方からお話しをうかがう機会があった。

メディアの世界の現状と裏話。
へー~!驚くことが結構多い。
お話しを聞いたことで新聞やニュースの見方が変わった。
情報を鵜呑みにするのではなく、真実を見極められる目を持たなければと思った。

 「どんなにIT化が進んでもPCなどはあくまでもツール。
新聞は手作り、ものつくりである。
これから必要な人材は、どんなことにも挑戦できる人、本質を見極められる人、人の心が解る人。 」
との言葉が印象に残った。

最近、企業のトップの方や、アーティストなど著名人のお話を聞く機会が多い。
共通していることは、機械では出来ない、人間にしか出来ないこと、人の心を大切にすることがビジネスに欠かせないキーワード。